金綱筋シャツは効果なし?効果なしの根拠をぶった切り

金綱筋シャツは効果なし?効果なしの根拠をぶった切り

金綱筋シャツという加圧シャツはネットの広告でもときたま目にするくらいには知名度がある商品です。そんな金綱筋シャツの効果を確かめたいと思い、僕はこのシャツを購入し実際に着てみて効果がどのような物なのかを確認しました、この記事ではそんな金綱筋シャツを着てどのような筋トレの効果があったのかという事を紹介していきたいと思います。

筋トレをすると今までよりも大きな負荷を感じた

金綱筋シャツをきて筋肉とレーニングを行うと、いままで行ってきたよりもさらに大きな負荷を感じて筋トレを行う事ができます。腕立て伏せであればいつもであれば一回12回程度はできていましたが、金綱筋シャツを着て行うと6回程度しか行えなくなります。それだけ上半身に対する圧迫感がものすごく、いままで普通にできていたトレーニングも回数が半分程度しか行えなくなってしまいます。それだけ筋肉に負荷がかかっているという事であり、シャツをきて筋トレを行ったあとは非常に筋肉が疲労していることを感じるのです。

金綱筋シャツを着て有酸素運動を行った結果

金綱筋シャツを着て階段の上り下りやジョギングを行った結果は、非常に発汗し短時間で疲れてしまう、という物でした。今までジョギングであれば一時間程度は走れていたものなのですが、シャツを着て行えば20分程度で体がくたくたになってしまい発汗量に非常に多くべちゃべちゃに体が濡れています。階段の上り下りに関しては数階を上ったあたりから腿がパンパンになってしまい、思わず座り込んでしまうほどきつい運動になってしまいました。まさか筋肉にシャツで圧迫を行うだけでここまでさまざまな運動がきつくなるとは思ってもおらず、シャツになれる最初の内は筋肉痛に悩まされる日々が続きました。

結果体はどうなったのか

結果から言えば2か月程度ほぼ毎日シャツを着て筋トレや有酸素運動を行った結果、体は絞られうっすらと筋肉がついている体を手に入れる事ができました。もともとある程度中年太りで脂肪がついていた僕の体だったのですが、いまではさまざまな動作を行う事も簡単に動くことができます。鏡でまじまじと自分の体と見ても筋肉がついているからは以前と比べても断然みられるような体になっていましたし、金綱筋シャツを着て非常に良かったと思える瞬間でもありました。最初の内は確かにきついかもしれませんが、いずれはシャツの付加にも慣れてくるのでその時になれば効率よく運動することが可能となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です